2025 Shelby Super Snake

f:id:yamamoto246:20240423073453j:image

 

シェルビー·アメリカンは、伝統のSuper Snakeの最新型をお披露目した。

 

製作のベースとしてS650 V8-GTを選択、エンジンには5.0L V8-Darkhorseエンジンを採用、

エキゾーストの素材置換やフルコンECUへの変更、Whippleスーパーチャージャーなどを装備して

850hpに強化、シャシーやブレーキシステムにもアップグレードが施されている。

 

f:id:yamamoto246:20240423073709j:image

ラインアップはクーペ/コンバーチブルの2種類。

Ford Mustang:60th.Anniversary Edition

f:id:yamamoto246:20240422064603j:image

 

1964年、フォードは再びモータリゼーションをもたらした。

 

伝説的な“ポニーカー”、「マスタング」がNYにてお披露目されたのだ。

 

それから60年、紆余曲折を経て7世代目に進化した伝統的なスポーツカーに、

「60th.Anniversary」が発表された。

Mercedes-AMG GT63 E-Performance

f:id:yamamoto246:20240421193843j:image

 

メルセデスAMGのスポーツカー「GTクーペ」に、「E-Performance」モデルが登場した。


f:id:yamamoto246:20240422064809j:image f:id:yamamoto246:20240422064835j:image

この「63S E-Performance Coupe」は、純内燃機で性能を突き詰めた先代型とは違い、

こちらは4.0リッターV8ツインターボをベースとした高性能型電動パワートレーンを採用、

その最高出力は830ps/1420N-mと、歴代最強のAMGスポーツモデルとなっている。

Mazda CX-80

f:id:yamamoto246:20240420002708j:image

 

マツダは現在、SUVモデルの車体サイズに応じて、北米向けと欧州向けにそれぞれ割り振る形で

棲み分けるという戦略を採っているが、そんな中で今回、ラージ系SUVの最新作となる

「CX-80」がお披露目された。


f:id:yamamoto246:20240420012716j:image f:id:yamamoto246:20240420012725j:image
CX-80は、2020年度におけるグローバル戦略に則って開発された新型車で、基本設計やパワートレーンを

「CX-60」と共有、車体サイズの拡大で7シーターとしたモデルである。

Honda Ye

f:id:yamamoto246:20240418174457j:image

 

ホンダの電動化計画は止まらない。

 

中国にて発表された新型EV「Ye(イェ、漢字表記で火へんに化と十)」シリーズは、「e:N」コンセプトを

市販向けに改良したもので、その名の通り「明るく光り輝く」未来を実現させる新型車となっている。


f:id:yamamoto246:20240419012203j:image f:id:yamamoto246:20240419012220j:image
S7/P7 バッテリーを床下に設置したクロスオーバーSUVモデルで、内装デザインは基本的に共通。

駆動方式は「S7」がシングルモーターRWDで、「P7」が前後ツインモーターAWDとなっている。


f:id:yamamoto246:20240419012650j:image f:id:yamamoto246:20240419012901j:image
GT Concept

ホンダのEV時代におけるフラッグシップとして開発されたコンセプトモデル。

ボディタイプは5ドアクーペで、スポーティなインテリアを実装している。

2025 Nissan New QashQai

f:id:yamamoto246:20240418064826j:image

 

欧州日産の主力モデル「キャシュカイ」が、装いも新たに発表された。

 

今回の改良では、フロントデザインに大幅に改良が施され、

ひと目見たら忘れられないような印象が与えられた。

 

パワートレーンはマイルドハイブリッドとレンジエクステンダーという、2種類のe-POWERを用意。

Citroen C3-MHEV

f:id:yamamoto246:20240417171802j:image

 

シトロエンの新型サブコンパクトカーの内燃機仕様として、「C3」が登場した。

 

C3は、基本設計を「e-C3」と共有するが、こちらは「1.2リッターエンジン+48Vシステム」という、

MHEVパワートレーンを採用、燃費性能は3.0L/100kmとしている。